CATEGORY

2018.02.05

1億円を持っていても...

1億円を持っていても...

【 1億円を持っていても... 】

 

定年が延長されるかもしれない

という話もありますが、

 

60~65歳で定年を迎えるとして、

あなたはその時、いくらの貯金が

できている予定でしょうか?

 

退職金と合わせて、

5000万円くらいでしょうか?

それとも、1億円くらいでしょうか?

 

 

では、退職時の貯金がいくらあれば、

老後を安泰に暮らせますか?

 

5000万円あれば充分でしょうか?

それとも、1億円は必要でしょうか?

 

 

60歳で定年を迎えた時、

1億円の貯金ができたとしましょう。

 

このお金で、老後の生活を営みます。

 

ライフスタイルは人それぞれなので、

毎月にいくら必要なのかは一概には決められませんが、

モデルとして、

毎月30万円で生活することにします。

 

毎月30万円というのは、

決して多過ぎる金額ではないと思います。

 

毎月30万円ですから、

1億円 ÷ 30万円 = 333ヶ月

333ヶ月 ÷ 12 = 27.8年

 

1億円は約28年分の生活費になる

ということになります。

 

1億円あれば、毎月30万円ずつ使って、

28年生きられる計算です。

 

 

そのときあなたは、

 

60+28=88歳

 

88歳になっています。

 

これが、どういう意味になるかというと、

 

あなたが88歳までに死んでいれば、

お金が足りた、ということです。

 

逆に、その時までに死んでいなければ、

お金が足りなくなっているという、

 

とても困った状況になっています。

 

 

この計算では、2つの重要な要素を

無視してしまっています。

 

1つは年金です。

 

年金をもらえるはずだから、

もっと長く生きられるのではないか?

 

そうかもしれません。

 

でも、そうでないかもしれません。

 

最悪のことを想定するのがリスク管理なら、

年金をもらえない場合も想定しておいた方が

良いと思います。

 

なので、上の計算からは省いています。

 

 

もう1つは、インフレ率です。

 

あなたが88歳になるのは、

40年先とか50年先など、

かなり先のことだろうと思います。

 

その頃の物価がどうなっているのか、

予測することは難しいです。

 

ですが、近年の政策はインフレを目標にしていますし、

歴史的にはデフレは異常なことで、

適度なインフレなのが、正常なことと言えますから、

 

物価は徐々に上昇していく

 

というのが確率の高い予測ではないかと思います。

 

つまり、1億円の貯蓄では88歳までに生活資金が

足りなくなる、ということです。

 

 

年金で増える分と、インフレで目減りする分、

これらを相殺すると、

上の予測計算は、そんなにはずれてはいないのではないか

と思います。

 

 

 

1億円貯めるのって、結構難しいと思います。

 

それなのに、1億円貯まったとしても、

安心はできないのです。

 

 

貯蓄で老後を生きる

 

という方針は転換した方が良いと思っています。

 

 

老後も収入を得続ける

 

これから老後を迎える方には、

こちらの方針を持つことをお勧めします。

 

+-------------

木村の【公式LINE@】では、

 

私の不動産投資法や

7つのポケット構築法(収入源)

 

セミリタイヤの仕方等々、

 

皆さんに役立つ情報を配信しています。

 

◆スマホの方はこちらをクリック ↓ http://line.me/ti/p/%40nuf7725q   ◆ID検索の場合はこちらから ↓ 【@nuf7725q】 ※@をお忘れなく!


 

CATEGORY

トップへ戻る