CATEGORY

2018.02.11

「建国記念の日」の「の」の意味

「建国記念の日」の「の」の意味

【 「建国記念の日」の「の」の意味 】

 

今日は2月11日。

建国記念の日です。

 

 

同じような記念日は各国にあり、

アメリカは7月4日が独立記念日ですし、

フランスは7月14日が建国記念日です。 

 

 

他国のが、〇〇記念日であるのに対して、

日本のは建国記念「の」日となっているのはなぜか?

 

ご存知ですか?

 

 

2月11日は、元々は「紀元節」と呼ばれる

日本が建国されたことを祝う祝日でした。

 

なぜ、2月11日かというと、

日本書紀に書かれている、神武天皇が即位した日が

旧暦の1月1日だったのを新暦に直したのが

2月11日だからだそうです。

 

 

ですが、この紀元節は戦後すぐに廃止されてしまいました。

 

GHQの思惑もあったのでしょう。

天皇が即位した日を建国した日とするのは、

新憲法下では相応しくないと判断されたようです。

 

 

その後、建国記念日を制定したいという動きがあり、

昭和41年に祝日となったのですが、

何月何日をこの日にするかで、国会で議論になりました。

 

 

最終的に2月11日に決まったわけですが、

2月11日を建国した日だとするには抵抗があるという

考えの人(政党)もあったため、

 

日本が建国されたことを記念して祝う日であり、

建国された日というわけではない、

 

と解釈できる余地を残して、

 

「建国記念の日」と名付けられたのだそうです。

 

 

たった1文字の「の」ですが、

 

これには複雑な事情があったのですね ^ ^

 


CATEGORY

トップへ戻る