CATEGORY

2018.02.13

目的地だけではたどり着けない

目的地だけではたどり着けない
【 目的地だけではたどり着けない 】
 
あなたの目標がバッチリ明確になったとして、
次に何をすれば良いかわかりますか?
 
 
目標に向かっていく計画を立てること。
 
 
そうですね。
計画を立てることが必要です。
 
でも、ちょっと待ってください。
 
 
計画を立てる前に、やるべきことがあります。
 
 
その説明の前に、ナビゲーションシステムのことを
思い浮かべてください。
 
 
今では、ほとんどのクルマにカーナビが付いていますし、
スマホでもナビゲーションが使えますから、
これらを使って目的地に向かったことがあると思います。
 
 
ナビゲーションシステムは大変便利なもので、
地図上に目的地を設定するだけで、
そこへ行くための道順を教えてくれます。
 
 
目標と計画のことに置き換えると、
 
目標 = 目的地
計画 = 道順
 
となりますね。
 
 
ですが、道順を決めるためには、
もう一つの重要な要素が必要なことに
お気づきでしょうか?
 
 
目的地が設定されただけでは、
ナビゲーションシステムは、道順を示すことができません。
 
 
それは、どんなに優れたナビゲーションシステムであっても
全く不可能なことです。
 
 
ナビを操作する時には、ほとんど意識しないので
忘れられがちだと思いますが、
 
実は、道順を示すために必要な、
 
目的地と同じくらい大事なものが、
 
ナビにはインプットされています。
 
 
それは、
 
 
現在位置
 
 
です。
 
 
ナビにはGPSが付いていて自動的に行われているので、
利用者は意識していませんが、

ナビには常に現在位置が入力され続けています。
 
 
いくら正確に目的地が設定されても、
今どこにいるのかが分からなければ、
 
どの道を通っていけば良いかなんて、
分かるはずがないのです。
 
 
同じ東京へ向かうとしても、
 
現在位置が札幌の場合と、福岡の場合では
進む方角が全く異なるわけです。
 
 
 
目標が決まった次にするべきことは何か?
 
もうわかりましたか?
 
 
そう。
 
あなたの現在位置を知ることです。
 
あなたが今、どういう状態にあるかを知ること、
つまり、あなた自身を知ることです。
 
 
あなたの今の状態と、目標としている状態のギャップを知り、
そのギャップを埋めるための行動を計画しなければ、
 
目標を達成することはできません。
 
 
・明確な目標を持つこと
 
・確かな現在位置(自分自身)を知ること
 
 
この2つが揃ってはじめて、
計画を立てることができます。
 
 
夢を描くと同時に、
自分自身を知るために、自己分析も行いましょう。
 
 
そうしなければ、
夢の実現があやしくなる計画しか立てることができません。
 
自己分析は、目標設定と同じくらい重要なのです。
 

 

CATEGORY

トップへ戻る