CATEGORY

2018.03.11

あれから7年

あれから7年

【 あれから7年 】

 

3.11 です。

 

ついこないだの事のようにも感じますが、

もう、7年が経過しました。

 

特に福島は大変なことになりましたが、

放射能による死者が出なかったのは、

不幸中の幸いだったのかもしれません。

 

ですが、津波では 

多くの方が亡くなられました。

 

その何倍もいらっしゃる遺族の方達も

辛い目に遭われたことと思います。



私も、岩手に暮らす両親や兄弟と

4日間も連絡が取れず、

大変な思いをしました。


 

 

辛く厳しい大災害でしたが、

そんな中で、

 

 

どんな想定をしても、

その想定を超えることが起きる可能性はある

 

という教訓を得ることができました。

 

 

他にも、様々な問題があることに

気付くことができたと思います。

 

 

亡くなられた方々の死を無駄にしないためにも、

私たちは、これらの教訓や気付きを

 

より良い社会を築くための糧とし、

次世代以降に引き継がれるようにしなければ

ならないと思っています。

 

 

と言いつつ、

ふだん、日常生活を送っている時は、

震災のことをすっかり意識の外に追いやっている

ことに気付きます。

 

ですが、

常に考え続けることはできませんし、

そうしなければならない、

ということでもないと思います。

 

 

ただ、完全に忘れてしまってはいけない。

 

そう思います。

 

 

ですから、せめて、1年に1回、

 

3月11日だけでも、

 

あの震災があったたこと、

 

その結果起きたこと、

 

それをふまえて、これからすべきこと、

 

などを思い出し、考えることを

 

今後も続けていきたいと思っています。

 

 

黙祷。

 

 

CATEGORY

トップへ戻る