Takuya Kimura
Official Site

BLOG

CATEGORY

収入が低くてもお金が貯まる人の3つの共通点

2021.02.19
収入が低くてもお金が貯まる人の3つの共通点

世の中には、

高収入でもお金が貯まらない人がいます。



原因は、様々ですが

共通しているのは、

お金に対する考え方や行動に問題があるからです。



その一方で収入が低くてもお金が貯まる人がいます。



今回の記事では、

 

収入が低くてもお金が貯まる人の3つの共通点

についてお話しをしていきます。



お金が貯まる3つの共通点とは、

どんなものなのか?



これから詳しく解説しますので

是非、最後までご覧ください。




▼動画でご覧になりたい方はコチラから▼ 

https://www.youtube.com/watch?v=cdnZub4Bp0k






収入が低くてもお金が貯まる人の3つの共通点




冒頭で

収入が低くてもお金が貯まる人の3つの共通点

というお話しをしました。



私のところにも色々相談が来てますが

コンサルして多くの方とお会いして

預貯金を確認させていただいてます。



年収もお聞きしますが

中には、「あれ?」っていう方が

いらっしゃるんです。



それには、ある共通点があります。



多くのYouTube動画の場合は、

収入を上げる方法などが

多いと思うんですけど

上げなくても

「お金が貯まればいいですよね?」という

ちょっと別の視点です。



まず1つは非常に

シンプルな方法です。




収入が低くてもお金が貯まる人①



・家計管理を続けている



サラリーマンほどやっていないです。

サラリーマンは、一定収入なので

そんなに管理しなくても

この程度続ければ同じ生活という

感覚がありますよね。



事業主だと変動するので

ちゃんと管理しないといけないです。



でも大事なことは、

『収入と支出をしっかりと用途も含めて

家計簿などで管理することが大事です』



それによって絶えず見直して

『これ無駄だよね』

『これは今必要ないよね』

『買うとしてもまたちょっとこうなった時に買おう』

というのを

ご夫婦で話し合いながら

やっていくのが大事になってきます。



ポイントとしては、

『シンプルな方法で』

というのが大事です。



今は、いいアプリがあるので

上手く使うと続きますね。



大事なのは、続けることです。



三日坊主まで行かなくても

2~3ヶ月やってやめる人。



結構多いんですけど

『ずっと続けています』

という方が

ちゃんと把握して少しづつ

コツコツお金を貯めています。




収入が低くてもお金が貯まる人②



・固定費にお金をかけ過ぎない



固定費には、以下のようなものがあります。



・電気代

・通信費

・保険料

・自動車関係



自動車保険とかも固定費ですよね。



そこにお金をかけ過ぎないというのが

節約に繋がり非常に大事になってきます。



これは、先ほど挙げたものだけでも

積み重ねると月数万円にもなります。



固定費というのは、

毎月のことなので

ここを圧縮すると

年間ましてや数年間で

結構圧縮されるんです。



でもみんな変動費の方に目が行くんです。



「ちょっと外食控えよう」

「衣類もうちょっと安いところで買おう」って

目が行くんですけど

割と固定費に目がいかない。



毎月無駄とは言いませんが

高い方で払っていたり、

今は、安いサービスもありますよね。



そこを見直して、

格安スマホや電気代も

安いサービスがあります。



保険もです。

 

「本当にこの生命保険必要なの?」

「ここまで必要なの?」

社会福祉の方から

万が一があったら

補助があったりします。



そういうのを

ちゃんとやっている人とそうでない人に

差が出ています。



世の中にお金を使うところって



・投資

・消費

・浪費



語呂がいいから覚えやすいんですけど

『浪費』にお金使う人は論外ですよね。






収入が低くてもお金が貯まる人③



・投資にお金を使う



投資に使わないで貯めても増えません。

投資というのはお金を具体的に

どこかに入れるだけじゃなくて

自己投資も含めてますからね。



自分に対しての

知識・スキル・人脈を作るのに

お金をかけてもやっている人は、

そこで何らかの収入源を得る

チャンス・人脈を作って

それを生かしています。



だから払った分と言っても

セミナーに行っても数千円とか1万円くらいです。



リターンも何十万、何百万となるんです。



つまり自己投資にお金を使っている人は、

リターンを多く取っています。



具体的に投資の話をしますと

例えば毎月1万円

積み立てをするとしましょうか?



これを普通預金だと

日本の銀行の利率の場合は、年0.1%ぐらいです。



銀行で30年間積み立てた場合と

ファンドで年9%のしかも複利の運用。



これいつも私がやってるやつですけどね。



これに比べるとただ貯金した人は、365万円なんです。



元本360万円なので

たった5万円しか増えてないです。



『銀行の普通預金で30年間積み立てる⇒365万円

ファンドで年9%の複利で運用する⇒1782万円』



約5倍か6倍になります。



毎月1万円を30年間貯めるとします。



30歳で始めたとしたら

60歳に1700万円になっています。



嬉しくないですか?



自己投資を勉強に使わない方は、

こういう世界があることすら知らないでしょう。




まとめ



今回の記事では、

収入が低くてもお金が貯まる人の3つの共通点

という内容でお話をしました。



私は実は会社員やっていて、

41歳までこういうのを知りませんでした。



定期預金すらやっていなくて、

普通預金にただ置いてたんです。



でもそこから不動産や色々なことを知り、

ファンドも知りました。



だいたい月平均ですが

年9%で増やすことが

出来てるんで全然違ってきます。



本当に10年20年30年経つと

数倍になってきますので

圧倒的に違ってきます。



この3つことを守り

それを実行すればお金は増えました。



入ってくるお金は同じでも

そこで差がつくという話です。



これは誰でもすぐ出来るので

そこをやりつつ更に不動産のところで

収入を増やしたら鬼に金棒ですよね。



私は、両方でやってこられたので

いろんな人の教えを

乞いながらやってこれたので

ラッキーだと思います。




あなたの理想的な生活を実現するために、 

不動産投資や副収入を本気で検討したい方には、

 無料アドバイスをしています。

 

LINE@では、

これからの時代、

会社に頼らず経済的自由を得て、

あなたの理想の人生を送るための方法に

ついて配信しています。

 

下記のLINE@からご登録いただけます。

 

不動産投資の正しいやり方は、

 LINE@で発信しています。

 LINE@の登録はこちらから 

↓  ↓  ↓ 

http://line.me/ti/p/%40nuf7725q

CATEGORY

トップへ戻る
クリックでナビゲーションを閉じます。