Takuya Kimura
Official Site

BLOG

CATEGORY

ヤバい!定年が45歳に!?

2021.10.30
ヤバい!定年が45歳に!?

最近すごい衝撃的な話がありました



『定年を45歳にすべき』



サントリーの社長さんが仰った言葉なんですが

それで結構炎上したり反響がすごいのですが

これは、サラリーマンにとっては、

すごくショックな話だと思うんです。

人生に関わってきますからね。



今回の記事では、

ヤバい!定年が45歳に!?

についてお話しをしていきます。



私の考えやサラリーマンはどうすべきか?

このことについて

これから詳しく解説していきますので

ぜひ最後までご覧ください。




▼動画でご覧になりたい方はコチラから▼

https://youtu.be/pQXXKgFiMZg




ヤバい!定年が45歳に!?



冒頭で

ヤバい!定年が45歳に!?

というお話しをしました。



サラリーマン生活をどうしよう?と考えている方

将来すごく不安だという方にとって

この話は、すごく重要となってくるので

今日これから話すことを

知っているか知らないかで

かなり人生が変わってくると思うので

本当にこれは最後まで見て欲しいなと思います。



この定年についての話ですが

もともとは「定年は長くなる」というのが最近の定説です。

定年が45歳とは、短くなる話ですよね?

昔は定年が60歳でした。



日本人の定年①

政府は2013年に「高年齢者雇用安定法」を改定し、

定年を60歳から65歳に引き上げる法整備を行った。



日本人の定年②

更に2021年4月に「高年齢者雇用安定法」が

再度改定され定年が70歳まで引き上げられた。



また6~7年後に次は75歳などに

伸びる方向だと思うんですよね。



日本人の寿命が延びてきているから

という理由があるとは思うんですが

一番大きな理由は、年金問題ですよね。

財源の問題。



定年を延ばすことによって

年金の支給年齢を上げることが

できるじゃないですか?

これはすごく大きいんですよね。



税金の問題

国からすると勤め人からの方が

税金を取りやすいのでこれもあると思います。



そういったことでは、延びる方向だったのですが

今回は、なぜか

サントリーの社長さんが短くする方向

45歳定年説を出したんですね。



社長さん曰く

別の言葉ですが

「会社に頼らない姿勢が大事だ」

ちょっと言い換えて弁明しているんですけど

でもこれはすごく本音だと思うんですよ。



言い換えると

「もう会社に頼ってくれるな」



これは私の言葉ですよ。



「会社に頼ってくれるな」

「会社に頼られても困る」



そういった話なんですよね?



つまり日本企業の定年制度、退職金制度というのは、

これは、日本だけの制度なんですよ。

海外にはないですから



これを負担するということは、日本企業は本当に大変なんです。



今「日本企業はどんどん競争力が落ちている」

と言われていますが

もちろんこれだけの理由ではないと思いますが

そういったものは取りたいのが企業側の論理なんです。



ちなみに国際競争力で言うと

スイスの有名なビジネススクールの

IMDというところが毎年ランキングを出すんですが

日本は34位なんですよ。

これは、約30年前のバブルの頃は、1位だったんです。



段々じわじわ下がってきていて今、34位です。

先進国では、本当に下の方ですよ。



1位はちなみにシンガポールです。

今は、危機的状況と私たちは捉えるべきだと思います。



サントリーの社長さんが仰っていることは、

私たちは批判すべきではなく、

それを真摯に受け止めて、

私たちはどうすべきかというのを

考えなきゃいけないと思うんです。



みんながダメになってしまったら

おしまいじゃないですか!



私個人的には、

45歳定年説というのはアリだと思います。



定年という制度を失くしても良い

個人的には、思っているぐらい



『定年制度に頼らず会社に依存せず対等に立つ

取り組みを若いうちからやっていくべきです』



これは、どっちかと言うと

国際競争力ということもありますが

将来の年金も貰えるかどうか

わからないこともあるじゃないですか!



特に若い方と言ったら申し訳ないですが

そういうふうにやっていった方が

将来安全ではないかと思います。



では具体的にどうやっていくべきか

ということですが

本当に会社に依存しないことです。



具体的に言うと

会社の給与だけでしか生活できない状態は、

マズイと思うんです。



会社の給与以外の収入源というもの

自分の事業を持つ



会社の仕事をしながら

ということが大事だと思うんです。



別の言葉で言うと

副業という言葉もありますが



別にその言葉にとらわれず

何らかの収入減を持つと良いと思います。



例えば会社を万が一クビになった

会社が倒産したとなっても

別の会社に転職できるぐらいのスキルを

身につけるというのは当然なんですが



『会社勤めの動向に左右されない

自分だけの安定した収入源を持つべきです』



それについては、私のYouTubeチャンネルの

他の動画でも言っていますが不動産だと思います。



アパート・マンションを持って

貸して家賃収入を得る賃貸業ですよね。



毎月一定額が同じように入ってきます。



これの一番何よりも良いのは、

『不動産は不労所得なので作業時間も取られず

本業に影響しないだけでなくスキルアップもできます』



安定しているじゃないですか

これが不安定だと困りますよね



ある時は、ちゃんと収入があるけど

ある時は、無いとかだと

安定もすごく大事なんですね。



不動産投資というのは、

私はやるべきだと思います。



サラリーマンが不動産投資

非常に実は向いているんです。



今から15年前にそれまでは、

普通のサラリーマンだったんですが

本当に将来に危機感を持って、

考えて不動産投資を始めて、

そして10年かけて5棟85室の家賃収入を

得ることになったという経験。



あとは今1000名以上の方に

教えているので

皆さん取り組んでいて着実に

取り組みを進めているんですよ。



「月々10万20万入っています」



という人もどんどん出てきているので

これは「いいな」というふうに思うので

こちらでシェアさせていただいてます。




まとめ




今回の記事では、

ヤバい!定年が45歳に!?

という内容でお話をしました。




この45歳定年の問題

すぐに本当にこれが法整備されるとは、思えませんが

こんなに騒がれていますからね。



でもそういう気持ち日本経済・日本企業の実態が

そうなんだというのをちゃんと考えて

生きていくべきだと思います。



まずこれを見ているあなたはどうでしょうか?

私は心配なんですよね。



法整備とかそうなる前からこういう

現象というのはもう始まっているので

シェアさせていただいたということになります。



そういった意味では、サントリーの社長さんは

勇気を持って話したな

というふうに思いますね。



ああいう方ですから突発的にではなくて、

ちゃんと色々考えて吟味して話されたと思います。



だからそれほどのことが起きている

ということだと思います。



私たちは早く気づくべきだと思うんです。




あなたの理想的な生活を実現するために、 

不動産投資や副収入を本気で検討したい方には、

 無料アドバイスをしています。

 

LINE@では、

これからの時代、

会社に頼らず経済的自由を得て、

あなたの理想の人生を送るための方法に

ついて配信しています。

 

下記のLINE@からご登録いただけます。

 

不動産投資の正しいやり方は、

 LINE@で発信しています。

 LINE@の登録はこちらから 

↓  ↓  ↓ 

http://line.me/ti/p/%40nuf7725q

CATEGORY

トップへ戻る
クリックでナビゲーションを閉じます。